岩屋谷雌滝

Data 住所 奈良県吉野郡上北山村
評価(5段階) ★★★★★
難易度(5段階) ◆◆◆◆◆
現地へ 池原貯水池の北部。
国道169号沿いの水尻バス停から小峠山の登山道を利用。
徒歩4〜5時間。
コメント 定番となったチャンピオン森本さん(リンク参照)と、mixiで知り合った「三重の汚点」さんとの三人で行ってきました。
今回のGW旅行の目玉がこの2つの滝「岩屋谷雌滝」、そしてすぐ上流にある岩屋谷雄滝

70mの直瀑。まさしくウエディングベール。優しさそのものの滝で、本当に美しいです。
この空間は断崖絶壁に囲まれ、ゴツゴツとした岩が辺りを埋め尽くし非常に荒れているのですが、その中でこの滝は非常に穏やか。
横幅も10m以上有り巨瀑なのですが、そのような威圧感は一切無く包み込んでくれるような慈愛に満ち溢れています。癒される滝というのはこのような滝を言うのだとつくづく思うほどでした。

ここまでのアプローチは岩屋谷雄滝に記載していますが、この雌滝の出会いは衝撃的です。
登山道から外れ道なき急斜面を下りていくのですが、下記の写真の通り滝の真横(若干裏から)から出会います。近づく度に大きくなる滝姿。正面はどんな姿をしているのだろうとワクワクしながら進みますが、急斜面であり濡れている岩場であり気が抜けない下り。
ようやく真下。そこから滝をすり抜けて振り返るとこの滝姿。本当に感動的な出会い方です。
この滝はオーバーハングした岩盤に落ちている為、裏からも見れるようになっています。大抵裏に回ると水飛沫で長く居られないのですが、全く飛んできません。
裏から水のカーテン越しに見る世界は、異次元の世界です。
他写真
訪問日 2008/5/09

HOME日本滝百選全国の滝滝リスト風景写真LINKPROFILEMAIL