中の滝



Data 中の滝
落差250m
奈良県吉野郡上北山村

現地へ 大台ケ原内。国道169号より、県道40号の終点。徒歩一時間30分〜2時間。
コメント 壮大です。他の滝とスケールが違います。山頂から水が流れているようなイメージ。とにかく大きい、その一言に尽きてしまいます。
有名な観光地なので、駐車場も一杯になるときがあるようです。私が行ったときはそれ程では無かったですが。
駐車場から南西部、シオカラ谷に向かう。往きは降りなので、舗装された階段をひたすら降りる。やがて川を渡る「シオカラ谷吊橋」が現れます。その吊橋を渡り、道は川から離れるように進みますが、よく見ると川沿いに通行禁止の看板が。その先が滝見尾根に続いている道になります。
ここからは舗装などしていない山道になります。草を掻き分けて進む。目印は赤や白のテープ。あまり人が通っていないので、踏み跡も少なく分りづらいです。あとは川向こうの山に注目していれば、この中の滝が堂々と流れています。
更に進んでいくと、滝壺まで進めますが、相当の時間を強いられますし、帰りの登りの事を考えるととんでもなく厳しいでしょう。
ハイキングコースの中で「大蛇ー」という展望台からこの滝が見れますが、指の第一関節くらいの大きさにしか見れないので、お勧めしません。

2008年、再訪問。
今回は滝壺に行くと決めていました。
前回もそのつもりで挑んだのですが、前日の百選「七ツ釜滝」で予想以上に疲労してしまい、滝壺まで行ける自信がなく、悔しいながらも断念していました。
今回も前日に「布引の滝」に行き、十分の体力ではないのは分かっていましたが、二の舞にはなりたくなかったので気合だけは入っていました。
しかし、滝見尾根に入った辺りから喉の渇きが酷く、持っていたペットボトルに不安を募らせました。水が無くなったとなれば危機感は尋常ではありません。
前回の折り返し地点、滝展望台の岩場に着きます。相変わらず大きな2つの滝に体力を貰い、更に下降を始めます。
間違うような道ではないですが、やはり傾斜はきつく下るだけで汗が出ます。危険という面ではそれほどの心配はありませんが、下れば下るほど、帰りはこれを上らなけらばいけないと考えると、体力が尽きないか不安になります。
体のバランスに気を遣い、足付きを慎重に、笹や枝を掴みながら下へ下へ。
ようやく川が見え始めた頃、道が二股に分かれました。左のほうが良く踏まれているのでそちらに進むと、先は崖となり進めない。
右が正解。右に進むとスムーズに川に辿り着きました。
目の前には「西の滝」の巨大な姿が。息を飲む格好良さ。
しかし本命の中の滝は、ここからではあまり良く見れない。
ここからは道はありません。登れる所を探して滝壺を目指します。巨石が連なっており、中々進めません。壁のように立ち塞がり本当に苦労しました。目の前に見えているのに、取り付く場所が分からない。
岩の隙間を縫うように、時には岩にしがみ付いてよじ登ったり、苦労しました。
やがて見える滝壺。大きさとは反して小さな滝壺。飛沫も少ない。しかし、見上げると250mの上部が見える。なんと大きい事か! やっとの事で辿り着いた憧れの中の滝。そこは間違いなく絶景。誰が見ても絶景と言うしかない場所。そんな壮大な場所にポツンと一人立ち尽くす。この世界を独り占め。贅沢この上ない時間です。。
壮大な世界を堪能した後は、地獄の上りが待ってます。焦点の合っていない目で、足元だけを見てひたすら上りました。
懸念していたシオカラ谷吊橋には監視員は居らずホッとしました。
その後の階段では、おばちゃんに簡単に抜かれるほど体力の限界でした。

5時20分 大台ヶ原駐車場 出発
  45分 シオカラ吊橋
東の滝落ち口をすぎ、二つ目のルンゼを下降。沢におり遡行
6時05分 東の滝 滝壺
  30分 出発
7時15分 滝展望所
8時 西の滝滝壺到着
8時30分 中の滝滝壺到着

10時 出発
11時 滝展望所
12時25分 シオカラ吊橋
13時 駐車場到着

他写真

上部

遠望縦構図

地図

04年水量豊富
訪問日 2001/05/09
2004/04/29
2008/05/08

HOME日本滝百選全国の滝滝リスト風景写真LINKPROFILEMAIL