源助滝



Data 住所 三重県熊野市
(駐車スペースを指す)
評価(5段階) ★★★★★
難易度(5段階) ◆◆◆◆◆
現地へ 新宮市の北西。
「子ノ泊山」の向かう立間戸谷沿いの登山道を利用し2時間程度。
谷近くの道路沿いに3〜4台の駐車スペース有り。
コメント 立間戸谷には名瀑が三つもある大変贅沢な所です。「屏風滝」「源助滝」「牛鬼滝」、どれも特徴のある滝で、どれも絶景です。

立間戸谷の中で、駐車場から一番最初に出会える滝です。それでも60〜90分程歩くことになります。

正直、この滝だけでも十分お腹一杯な満足感を得られる滝です。落差は20mと大きさでは程ほどなのですが、とにかくこの水の飛びが秀逸。豪快、素晴らしい跳ね滝。
更にこの磨かれた丸い岩盤が印象的であり、広い滝壺を持ちとても開放的な空間。この滝の正面に立つと、5秒もあれば服がビショ濡れになります。でもそれが何とも心地よく飛沫を体一杯に受け止めました。

道中は「屏風滝」に記載しておりますが、この滝への出会いが一番難しいと思います。以前は案内があり踏み跡があったようですが、いつからか案内は撤去されてしまったようで、入り口が非常に分かり辛いです。登山道から外れて川の方(進行方向から右)へ進むのですが、10m程奥に進むと初めて赤いテープが見えます。よくよく見ると道かなと思える跡を辿ると、微かながらテープが案内してくれます。
登山道から見ると険しそうですが、一旦正規ルートを辿ると荒れたところも一切無く5分以内で辿り着けます。
一応、分岐に目印(石を積んでみました)がありますが、アテにならないと思います。

4時5分 立間戸谷 駐車場出発(ヘッドライト装着)
5時40分 けやき平 通過
6時20分 屏風滝
7時30分 牛鬼滝
9時15分 源助滝
10時15分 駐車場 到着

※休憩・撮影時間を含む


改めて、この滝へ案内して頂いた「三重の汚点」さんに感謝いたします。
他写真
訪問日 2008/

HOME日本滝百選全国の滝滝リスト風景写真LINKPROFILEMAIL

5/11