高瀑

Data 住所 愛媛県西条市
評価(5段階) ★★★★★
難易度(5段階) ◆◆◆◆
現地へ 高知自動車道「大豊」インターの西部。早明浦ダム沿いの県道17号を走行していると広い駐車スペースと看板が現れる。そこから北面の斜面を望むと小金滝を遠望できる。杉林の登山道を40分ほど登ると滝前に。
コメント 落差132m。巨大な岩盤が作り出した広い空間に落ちる滝。水量は少なめなので滝としての迫力はあまりないものの、岩盤の迫力は想像を越えて度肝を抜くレベル。
他の方のレポート等で何度も高瀑の写真を見ています。なので姿形はイメージ通りでしたが、滝と岩盤の雰囲気はやはり目の前に立たないと分からないものです。これほどに穏やかで、かつ力強いとは予想だにしませんでした。

ここに至るまでの最大の難所は、登山道入り口まで車で走行するダートの林道でしょう。4WDなどの最低地上高の高い車種であればなんら難所でもなく鼻歌混じりに走れるでしょうが、今回の私の相棒はレンタカーのデミオ。
スタックするとかではなく、凸凹が激しくて何度も車体の腹が岩に擦ってしまいました。ゴンやらカンやら、車内に響く甲高い音が発生する度に心臓の動悸が激しくなって、緊張の連続でした。
それに幅員も狭くて、もし対向車が来たらどうやって離合するんだと不安にもなりました。
「早く登山道入り口についてくれー」と願えどスピードも上げられないし、時間だけが空しくも過ぎていく。愛車バジェロイオの偉大さをとくと実感しました。でも11万キロ越えたし、そろそろ買い換えなきゃならんのよね。
ダート道を走り続けること40分ほど、ようやく登山道入り口に着きました。そこは車5台以上置ける広いスペース。トイレもあるし看板もあるしとても親切。
予想以上に時間を食ってしまったので急いで出発。帰りの飛行機の時間は決まっているから焦りが生まれてます。
登山道には矢印の看板があるし、ピンクテープも充実してるし、とても親切で迷う心配がない。階段や橋は掛け替えられたの真新しく堅固に出来てて安心。こんなにも整備されているのに、どうしてここまでのダート道は整備しないのか、とても不思議です。
川を渡渉するのが2箇所。飛び石を利用すれば濡れずに行けると思いますが、増水してるときは厳しいでしょう。そこだけ靴を脱いで渡るのもありだと思います。
ずっと川沿いを進むのかと思いきや結構高くまで登らされて息が上がる。でも立ち止まっている暇はないのでひたすら前を見て進んでいく。
およそ60分程で滝前に到着しました。水量は普段から少なく、写真を検索すると冬季の氷瀑ばかりが出てくる高瀑。無事に水の流れている姿が見れるのかとても不安でしたが、滝として体を成していたので安心しました。
視界に収まりきれない一面の岩盤に圧倒されます。今日は天気が良いので見栄えはバッチリ。曇りだったらちょっと落ち込んでたかも知れませんが、空の色がブルーだったので、気分はブルーにならずに済みました。とってもハッピーです。
滝前は広い空間でのんびりと寛げます。これも高瀑の魅力の一つですね。良い癒やしを頂きました、ありがとうございます。
帰路もまったりなんか出来ないのでノンストップで車に戻り、ダート道を走る。緊張してたせいか林道の途中にある御来光の滝を見逃してしまった。それでもなんとか無事にアスファルトの道に出れてホッとしたのも束の間。車内に響く重低音。確認するとタイヤがパンクしてました。
飛行機に間に合ったから良かったけれど、いらぬお土産を頂いて、最後まで緊張は抜けませんでした。もう二度と普通車ではこの道を走りたくないです、トホホ。
他写真
訪問日 2015/04/27

HOME日本滝百選全国の滝滝リスト風景写真LINKPROFILEMAIL